Skip to content

障害年金の申請について

障害年金の受給を検討している方もいるのではないでしょうか。年金というワードを聞くと老齢年金や遺族年金を想像するという人も多いでしょう。なぜなら老齢年金や遺族年金は受給をしている方も多く認知度が高いからです。老齢年金は基本的に65歳以上の方が受け取ることができる年金です。人それぞれで受け取ることができる年金の金額は異なりますが、人によっては月に20万円以上も支給される人もいるので、65歳以上の方の中には年金だけで生活している人もいます。

一方で障害年金は身体に障害を抱えている人が受け取れる年金のことになります。支給を受けることができる条件は身体が不自由でも仕事をしており、日常生活を送る上で支障があるかどうかになるため、申請が受理されれば50歳でも40歳の方でも受け取ることができます。障害年金を受け取っている人の多くは病気を患っている人が多いです。どのような病気でも受給できるということはなく、受給できる病気の種類はあらかじめ決められており、自分の病気が受給条件を満たすものであれば障害年金を受け取ることができます。例えば障害年金を受け取ることができる病気として挙げられるのが肝硬変やうつ病になります。

障害年金を受け取ることができる条件を満たしている人の中には申請方法について知りたいと考える人もいるでしょう。そこで、今回は障害年金の申請に必要な書類などについてや、社会保険労務士事務所の利用について紹介します。