Skip to content

カテゴリー: 未分類

社会保険労務士事務所に申請を依頼するメリットとは

障害年金の申請を検討している人の中には手間を少なくしたいと考える人もいるのではないでしょうか。障害年金を申請する人で手間を少なくしたいと考える人の中には社会保険労務士事務所を利用して申請をする方も珍しくありません。日本では各地に社会保険労務士事務所があるので、予算内であれば利用することは決して難しいことではありません。基本的に社会保険労務士事務所では社会保険労務士が働いており、障害年金などの申請手続きに詳しい方があなたの障害年金申請のサポートをしてくれます。

例えば申請にはどのような書類を準備しなければならないのかを教えてくれたり、申請に関してアドバイスをくれたりするので、一人の力で行うよりもスムーズに申請をすることができる可能性があります。また、全て一人で行う時よりも申請の準備に多くの時間を費やすことが少ないので、身体に負担をかけることなく申請の準備をすることができるでしょう。さらにサポートを受けることで申請通過のハードルを低くできる可能性があります。

社会保険労務士事務所の中には相談に関して無料で行ってくれるところもあるので、もし障害年金の受給を検討している人は一度社会保険労務士事務所に相談をしてみてはいかがでしょうか。

障害年金の申請に必要な書類

障害年金の申請に必要な書類にはさまざまなものを挙げることができます。例えば条件に関わらず申請する方全ての人が必要な書類としては戸籍謄本、医師の診断書等が挙げられます。戸籍謄本とは生年月日や住所などを証明する書類のことで、行政機関を利用することで受け取ることができます。医師の診断書は医師が診断した内容が書かれている用紙のことです。診断書はどのようなものでも良いということではなく、障害者認定を受けてから約3カ月以内の現症のものを準備する必要があります。また、病気を患っている方の中には呼吸器系の人もいますが、呼吸器系の病気を抱えている人は診断書の他にもレントゲン写真などを提出する必要があります。

その他にも障害状況を補足するための病歴就労状況等申込書や受診状況証明書が必要な書類になります。書類以外にも印鑑が必要です。準備しなければならない印鑑は認め印で、自宅から持参する必要があります。また、障害年金を受給する時は金融機関を通じて振り込まれるため通帳なども必要になります。

このように、さまざまな書類が必要になるため自分の力だけでは申請ができないと考える人もいるでしょう。基本的に申請にはさまざまな知識が必要で、申請するための準備に負担を感じる人も少なくありません。

障害年金の申請について

障害年金の受給を検討している方もいるのではないでしょうか。年金というワードを聞くと老齢年金や遺族年金を想像するという人も多いでしょう。なぜなら老齢年金や遺族年金は受給をしている方も多く認知度が高いからです。老齢年金は基本的に65歳以上の方が受け取ることができる年金です。人それぞれで受け取ることができる年金の金額は異なりますが、人によっては月に20万円以上も支給される人もいるので、65歳以上の方の中には年金だけで生活している人もいます。

一方で障害年金は身体に障害を抱えている人が受け取れる年金のことになります。支給を受けることができる条件は身体が不自由でも仕事をしており、日常生活を送る上で支障があるかどうかになるため、申請が受理されれば50歳でも40歳の方でも受け取ることができます。障害年金を受け取っている人の多くは病気を患っている人が多いです。どのような病気でも受給できるということはなく、受給できる病気の種類はあらかじめ決められており、自分の病気が受給条件を満たすものであれば障害年金を受け取ることができます。例えば障害年金を受け取ることができる病気として挙げられるのが肝硬変やうつ病になります。

障害年金を受け取ることができる条件を満たしている人の中には申請方法について知りたいと考える人もいるでしょう。そこで、今回は障害年金の申請に必要な書類などについてや、社会保険労務士事務所の利用について紹介します。